AdobeRGBとsRGB画像の表示環境比較
(作成; 2008.08.01)

最近のデジタルカメラは AdobeRGBにも対応したものが多くなり、
AdobeRGBで撮影して、きれいなプリントを楽しむ人がますます増えてきました。
多くのプリンターもこのようなニーズに積極的に対応し始めています。

しかし、ホームページに掲載する場合のカラースペースはsRGBとされています。
これは、現在のブラウザはsRGBにしか対応していないためです。

このような状況の中では、
カラーマッチングを正しく処理しないと思わぬトラブルに見舞われます。
特に、ホームページに
AdobeRGBのまま掲載すると、
くすんだ色で表示されてしまいます


今回、
AdobeRGBと sRGBの写真が
表示環境の違いでどのように見えるか比較してみました。


各画像はクリックすれば別画面に大きく表示します。
   大きな画面(1,280x1,024以上)でご覧ください。(1,024x768では文字が潰れます)
  
 

No. AdobeRGB sRGB 記  事
   原画。
  (RAW/
 AdobeRGB)。

 Nikon Capture

 NX2で保存。
 Windows XP

画像とFAXビューア

  で表示。
 Nikon Capture

 NX2で表示。
 Photoshop

 CS3で表示。
 ブラウザで表示。

 AdobeRGB(左)は

 赤レベルが低く、

 全体に

 くすんで見える