パーティション変更 手順
作成; 松原紀幸 (2005.02.21)


 <事前準備>
 1.C: 、D: 共にバックアップしておく。
 2.C: 、D: 共にデフラグを実行しておく。
 3.予め PartitionMagic 8.0を
   インストールしておく。




 今回の対象はノートパソコンです。

 テーマは、

 C: ドライブには空きが多いので、
 
 D: ドライブに分けてあげる事です。
 D: ドライブの現状です。

 PartitionMagic では、この

 「D: ドライブを増やす」と言う
 
 作業をします。
 エクスプローラーで

 D: ドライブを右クリックして、

 プルダウンメニューから

 「PartitionMagic 8.0」をクリックします。


 <備考> ドライブを選択した時だけ
      「PartitionMagic 8.0」が出ます。
 左上窓の中央にある、

 「パーティションサイズの変更」を

 クリックします。
 「パーティションサイズの変更」の

 ウィザードが開きます。
 「パーティションの選択」画面では、

 D: ドライブを指定します。

 
 指定した D: ドライブの変更後の

 合計サイズを指定します。

 (この例では、22,000MB を指定)
 D: ドライブを増加するために、

 空き容量の提供元として

 C: ドライブを指定します。
 指定した全体が表示されるので確認し、

 「完了」を押します。
10  「OK」を押すとマシンはリブートします。
 
11  ここからは約1時間、ブルーの画面で

 自動的に作業が進行します。
12  画面下の表示が 100%になると、
 
 自動的にリブートし、

 Windows XP が起動します。
13  完了後の C: ドライブ、

 約 4GB減少しています。
14  完了後の D: ドライブ、

 約 4GB増加しました。